あんな夢こんな夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣先でのトラブル

新しい派遣先での出来事。
まぁ、いつもどおりPGの仕事なのだけれども。

指導係の人が、どうも頼りない・・・。
作業の指示は間違っているは、的を得ていないは。

最終的には、アラームボタンを押してしまい、部屋中がパニックに。
システムが中断する騒ぎに、私は知らんぷり。

お昼になったことだし、お昼ごはんを食べに外出する。
そこの会社には、ビュッフェ形式のレストランが入っていて、すごい行列。

仕方がないので、カップ焼きそばをコンビニで買って食べる。
食べ切れなくて残そうとすると、「残りはそちらにね~」と、指導係。
なんと、焼きそばの残りは、みなさんでシェアするらしく、焼きそば皿がおいてあった。
げげ~。

ちょっとこの職場、いやかも。
そんな風に思っていたら、恰幅の良い女性が声をかけてくれた。

「どう?なれてきた?」
「まぁ。」
「うちは残業も土曜日出勤もあるから、がんばってね!」
「え~!!」

残業はまだしも、土曜日出勤は聞いていない。
いまどき週休1日はないだろう・・・。

営業に文句を言って、必ずやめさせてもらおうと決意したところで、目が覚めた。
今日は普通の夢だったなぁ。

スポンサーサイト

エレベーターからおりられない

あるビルに用事があって、訪れた。
なぜか全く知らないおじいさんと一緒。

5階に行こうと、エレベーターに乗り込む。

1回目。
行き先階ボタンを押し忘れ、9階まで行ってしまう。

2回目。
行き先階ボタンを押すのが遅く、5階を通り越して1階まで降りてしまう。

3回目。
行き先階ボタンを押すのを妨害され、また9階に。

ちょっとあせってきた。
なんだか、怖い。
一緒にいたおじいさんも、ニヤニヤするばかりで気持ちが悪い。

一旦9階で降りてみる。
すると、何かが肩に乗っている。

おじいさんが、
「その肩に乗っているのをおろしたら、5階で降りられるよ。」

鏡にうつる自分の姿には、うっすらと子どもの影。
取り付かれていたようだ。

たくさんの呪文的なことを叫び、肩をはらい、暴れた後にエレベーターに乗り込んだ。
次こそは5階で降りてみせる!!と心に誓ったところで、目が覚めた。

オバケは怖いけど、一番怖かったのはおじいさんのニヤニヤだったなぁ。

遺跡をめぐる争い

ある家族から、警護を頼まれた。
あ、私は岡田准一です。

やられる前にやっちゃえ、ということで、敵地に侵入。
しかし、敵の多さに逃げるしかなかった。

しかも見つかった。
徒歩で来てたから、このままではつかまってしまう。
牧場にいた馬に乗っかる。
あ、私馬に乗れたんだ。

ダッシュで警護を頼まれていた家族のもとへ。

その家は、平屋の小さい家。
すべての部屋の窓に板を打ちつけ、入ってこられないようにした。
真ん中の部屋に家族全員集め、みんなで固まって息を潜める。

ドンドンドン!!!

ついに来てしまった。
板を張っただけでは、全然防げないような装備で襲い掛かってきた。
ドアは吹き飛ばされ、敵がなだれ込む。

敵に銃口をむけられた私は、思わずこんな提案。
「8000万で手を打ちませんか?」
すると敵は、
「いいよ。」
あっさりOK。

でも8000万なんてどうやって用意しよう?
すると家族から提案が。
「この家の下に、遺跡が眠ってるんです。」
そういえば、そもそもこの遺跡が狙われてたんだった。

8000万分の遺跡を敵に引渡し、すんなり帰ってもらった。

残りの遺跡をみんなで一生懸命掘り返し、これだけあれば家が直せるねと喜んだところで、目が覚めた。
にしても、なんで8000万だったんだろう?

冷蔵庫に犬

うちの犬は、知らないところに一人にしておくとソソウをする。

今日は友人の結婚式なので、犬は出先のホテルにお留守番しなければならない。
ほっておくとソソウするしなぁ。
ハウス忘れたしなぁ。

そうだ!
冷蔵庫なら狭いからハウスみたいで大丈夫かも。
電源切って。
犬入れて。
これでOK!

って、やってみたけどちょっとどうなの?
これってダメなんじゃない?
思い直して、やっぱり出すことに。
冷蔵庫をのぞいてみると、犬はペットボトルの中に。

きゃー!!
あわててペットボトルからだす。
最初は全然動かなかったけど、あっためてたら元気になった。

はぁ、よかった。
ドライヤーで乾かしながらホッとしたところで、目が覚めた。
今日は寒いので、犬もフトンに入れてあげよう。

忘年会前日

明日は大学のときの友人たちが集まって忘年会。
開催は私の自宅ということで、朝から片付けに追われている。

洗濯物は乾かないといけないので、室内に干す。
いたるところが洗濯物でいっぱいになった。

明日のパーティーは、みんなで持ち寄り。
みんな何を持ってくるのかな?
友達の一人に連絡してみた。

「私はね、いなりずし持っていくけど、明日のパーティA子がこれないかもよ?」
「なんかあったの?」
「今彼氏と家族とブラジルにいるんだけど、そこでケンカして別れちゃったんだって。」
「そんな連絡ないけど・・・。」

つい先週末、彼と別れる別れないの大喧嘩をして泣いて電話してきたA子。
1時間近くなだめた翌日、仲直りしたと連絡があったっきり、音信不通。
そういうことだったのか・・・。
その後に相談がなかったことにひどく落ち込んだ私。
でも、パーティーは開催される。

B子から連絡。
「私はマリネ持って行くよ。」
「私ブラジルにA子迎えに行くから、持ち寄りできないかも。」
「じゃ、他の子とちょっと多めに作っておくよ。」
「ありがとう!」

ということで、ブラジル入り。
はじめてくるブラジルに興奮してしまい、A子のことを忘れて観光を始めてしまったところで、目が覚めた。
A子、リアルに喧嘩してたなぁ・・・。連絡とってみよう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。