あんな夢こんな夢

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同居するには・・・

弟の話。
実家に住む弟には彼女がいる。

弟のところに、彼女は毎日来る。
弟のところから、彼女は毎日出勤する。

これは、同棲?
いや、実家だから同居??

とにかく、1年間静観していた母も、
「住むんなら、生活費を入れてね。」
そう告げた。

おぉ。やっと言ったか。
と、母のやっとの勇気に感心したところで、目が覚めた。

で、リアルに
「おととい、生活費入れるように彼女にいったのよ~!」
おぉぉぉ!!!ついに正夢?!
でも、リアルが先だからなぁ・・・。
まだ、正夢確定ではないことにする。

スポンサーサイト

新しいスポーツを考案

新しいウィンタースポーツを考案した。

スノーサーフィン。

スノボーじゃないの??
いえいえ、違うんです。

ボードはサーフボードを使用。
ソックスとして、吸盤が裏にいっぱいついているものをはきます。
それで、ピタッとボードが張り付くので、飛んでいく心配なし。

遊び方は、パウダースノーが波のように積もっているところに果敢に攻め入り、
トリックなぞ決めたりして、
失敗しても、そこはパウダースノーですからふかふかと気持ちいい。
こんな感じ。

広末涼子さんなんかがはまってくれています。
女性に大人気!!

滑り終わった後も、吸盤をペチペチ剥がすだけだから簡単。

ボードをもって、満足感に浸りながらホテルに帰るところで、目が覚めた。
だれか、実現してくれないかなぁ。

破壊してしまった家の住人は

友人たちとドライブに出かけた。

運転は、珍しくA子。
でも、これが運転が荒い荒い。
無理やり細い道に入った。

どんどん細くなる。
止めても、戻ろうとしない。
ついには、誰かのお宅の庭に入り込んでしまった。

それでも進む。
すると、道が給湯器で細まり、車が通れる幅がない。

「引き返そうよ。」

みんなが言うも、前に進んでしまったA子。
案の定、給湯器を破壊してしまった。

もちろん、中の住人が出てきてしまった。
動物の絵のトレーナーの旦那さん。
キティちゃんのスリッパの奥さん。

話してわかる方たちではないかもしれない。
一同不安に思ったが、とりあえず全面的にこちらが悪い。
謝り倒そう。

全員で頭を下げたら、なんと
「まぁまぁ、そんなに気にすることないよ。」
「お茶でもいかが?」
なんて感じで、とても歓迎ムード。

和気藹々と、ここまでのいきさつを話したり、その方たちの話を聞いたり。
どうやら、この家の住民は、お坊さんだったようだ。
なるほど、仏に仕える方たちは、心の大きさが違う。

楽しいひと時を過ごし、お別れを告げたところで、目が覚めた。
世の中みんな、仏に仕えたほうがいいな。

エースをねらえ!

高校生の私。
部活動に参加することにした。

選んだ部活は、テニス部。
このテニス部が、なんと名門。
そして、厳しいことで有名。

まず、決まりごとといえば、ラケットの扱い。
足元においてはいけない。
常に頭より高い位置に片付ける。

でも、私は基本いい加減。
うちに帰ってきて、ラケットをポイッ。

ピンポン~。
来客。
のぞいてみると、テニス部の顧問。
ヤバイ!!
ラケットぽいっとを見られたら退部。
あわてて、片付ける。

「あら、ちゃんと片付けてあるわね。」
「はい。」
セーフ。

「これ、優秀な選手に渡してまわっているの。」
と、手渡されたのはウエッヂウッドのマグカップ。
「こんな高級なもの、いいんですか?」
「いいのよ。そのかわり、活躍してもらうから。」
「でも、先生、私テニスやったことないんですけど・・・。」

愕然とする先生を見ながら、なんで私テニス部に入ったんだろうかと疑問に思ったところで、目が覚めた。
実際、テニスをやったことがあるのは大学の体育の授業だけ。

バーベキューの帰り

友人とのバーベキューの帰り道、一人の友人宅にみんなでお泊りすることになった。
総勢16人で押しかけた。

友人のうちは3階建てなんだけど、階段が狭い。
ものすごく狭い。
どのくらい狭いかというと、高さは50cmほどしかなく幅は肩幅。
だから、のぼるのにはいつくばってのぼる。
いろんなところにぶつけながらのぼる。

やっと部屋に着いたら、先についていた友人たちがもう寝ていた。
あとから一緒にきた友人と、新しい携帯の話でもりあがる。

「制度が新しくなって、携帯の値段高くなったよね~。」
「結局いくらで買ったの??」
「10万。」

え~!!!!
そんなに高くなったの???
衝撃をうけていると、その部屋でプラネタリウムが始まった。

案内役は西田敏行。
あの独特の語り口で、星たちを紹介していく。

さそり座の紹介のとき、その毒針のところから激しく毒が流出している!!
部屋がどよめいた。
なんかポタポタ落ちてきている。
こういう日もあるんですね~なんてさらっと流す西田敏行に、プロを感じたところで、目が覚めた。
今日の夢に、これといって思いつく根拠はない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。